ご挨拶

「積み重ね」

海底ケーブルがつなぐ未来と絆!

海底ケーブル
 新設:新たに計画された海域ルート上に、海底ケーブルを敷設します。
 埋設:敷設された海底ケーブルを防護するため海底に埋めます。
 撤去:退役した海底ケーブルを海底から撤去します。
 修理:障害などで切断された海底ケーブルを修理/復旧します。
 移設:既設海底ケーブルが移設必要となった際、移設します。
 調査:新設計画ルートや既設ケーブル状況等あらゆる調査を行います。

 当社が積み重ねてきた技術と設備、それにチーム行動力で
 本邦の海底ケーブルを敷きます、埋めます、守ります。

 我社は
 ・‘社会’から必要とされる企業であり続けたい。
 ・各メーカー様はじめ関係機関のお客様に心からご満足して頂きたい。
 ・ご用命を頂いた案件を安全に確実に施工することによって
  すなわち関海事が流した汗で日本の島々のライフライン構築におもいっきり貢献させて頂きたい。
  の一念で御座います。

 お客様から「ありがとう」とお言葉を頂戴出来ますように、 従業員ひとりひとりが
 熱い想いと誇りをもって業務に精励し,【安全確認総無事】の合言葉と共に
 関海事は次代に向かって挑戦し続けます。




平成30年4月1日            

株式会社 関海事工業所            
代表取締役社長  関  勝