ご挨拶

「挑み」

 海底ケーブルがつなぐ未来と絆!
関海事は海底ケーブルを敷きます、埋めます、守ります。

 旗艦、DPS作業台船【あわじ】に加え、平成25年1月DPS作業台船【あさひ】がデビュー。
DPS作業台船の2船運航体制がスタートし4年と3ヵ月が経過し、その間、日本の島々に暮らしを
お届けして参りました。


 平成29年度は【現あわじ】を退役させ、船体サイズ・積トン数・堪航性そして回航性能が増した
【新あわじ】が30年1月にデビューする予定で御座います。
大規模な設備投資計画ですが、海底ケーブルを敷き守りきるため、挑みます。
当社は立ち止まることなく、次代に向けて創造します。


 我社は
 ・‘社会’から必要とされる企業であり続けたい。
 ・各メーカー様はじめ関係機関のお客様に心からご満足して頂きたい。
 ・ご用命を頂いた案件を安全に確実に施工することによって、すなわち関海事が流した汗で
  日本の島々のライフライン構築におもいっきり貢献させて頂きたい。
 の一念で御座います。

 お客様から「ありがとう」とお言葉を頂戴出来ますように、 従業員ひとりひとりが熱い想いと誇りをもって
業務に精励し、【安全確認総無事】の合言葉と共に、関海事は次代に向かって挑戦し続けます。



平成29年4月1日            

株式会社 関海事工業所            
代表取締役社長  関  勝